学会3世のわやくそな日々を綴る

「わやくそ」とは中国地方の方言で滅茶苦茶を意味します。

師走はじまる

今日で11月も終わり、12月に入ってバタバタです。

 

わやくその担当するサービスが基本的に薄利多売なので何やってんだかわからない仕事をとって一人で忙しそうにしてる某同期さんのような働き方とはやはり仕事のやり方も価値観も合わないはずです。

 

さて、12月になると年末挨拶とか忘年会とか忙しくなるんですけど、今年も去年と変わらずに郵送で済ませられるところは郵送で済ませてしまおうかなと思っています。

 

でもそろそろお客さんの顔も見たいですけどね。

 

さて、11月は土日祝日を利用して5日間かけて久々の旅に出かけてみたり、後輩社員の先生になってみたり色々ありました。

 

5日間のツケが今回ってきてるというのもありますが、12月で片付けばいいなと思ってます。

 

手短ながら昨日仕事が終わらず、今日に回したものもあるので土日は頑張って更新したいと思います。

 

想像することが大事

入社してこんなわやくそももう4年目ですか。

 

最近、わやくその会社にほぼ新卒の新入社員が入ってきてやはり営業的に圧倒的に足りてないプレゼンの練習をしようという話になって週替わりで3分スピーチを用意することになったんですね。

 

先週わやくそが休みでちょうどその日にわやくその半月遅れで入った同期がスピーチをしたそうなんですが、その話題が「想像することが大事」とのこと。

 

正直そのお題を聞いて吹き出してしまいました。

 

まぁたしかに彼は仕事はできる?

うーん、できるというかその話聞いてどうするの?って深掘りをすることもあるし、

仕事の回転でいえば回すというか、

散々引っ掻き回して騒ぎ立てることだけはうまい。

 

結果収まってることが不思議だなと思ってるような仕事の仕方をしてる人です。

 

あとわやくそは気がついてしまったのですが、彼は所謂典型的なADHDの人間です。

 

・多動性や落ち着きがない→貧乏ゆすりが激しい

・紛失や忘れ物しやすい→海外出張で財布を無くす、家の鍵を無くして元カノに届けてもらうなど

・ルールが守れない→人の話に割り込む、待てない

・指示は理解できても従えない→反抗かと思ったがそうではなさそう

 

で、そんな彼から出た彼が大事にしてるという「想像することが大事」って話、ぶっちゃけ吹きました。

 

いやいや、お前自分でそれやってるのかよってツッコミになるわけですよ。

 

まぁでもみんなは言わないわけです。

 

なぜなら彼はそんな迷惑モノでも仕事は回してるからです。

仕事回してるというか大変そうだから話さないようにしてるというのが正しいです。

 

わやくそからすると、堅実に仕事はこなしていきたいなと思っていて、大器晩成型といいますか、適当につまみ食いするようか仕事するならやめた方がいいと思ってるくらいです。

 

彼はまさにつまみ食いタイプの仕事人間なのですが、時につまみ食いで済まないくらい深掘りするので厄介な時が多々あります。

だからつまみ食いで済まない時は鬱陶しいなと思ってます。

 

全部把握したいなら最初から自分でやってという話であって、それ以上介入するならぶん投げるぞというくらいの話なんですよね。

 

なので、わやくそは本気で嫌ってます。笑笑

 

まぁそれが通じてないのも彼がADHDである証拠でもあるのかもしれませんけどね。

 

とにかく彼と調和できる人間は類友しかいません。

 

なのでわやくそは基本、つまみ食いには教えないようにしてます。教えるならそれなりに準備してこいと。

 

はぁ、明日も貧乏ゆすりを見なきゃいけないと思うと気が重いぜ。

 

大学校浪人生

わやくそは一応大学校3期生という立ち位置で参加していたものの、コロナ禍の自粛が影響して、浪人。今は4期生という立ち位置にいるそうです。

 

まぁいるそうですというのは、もう一年という話になったわけで、まぁウェブでそんな話になったのでその後どうなったかと言う話はよくわかりません。

 

しかし、この大学校という活動、

今年もたいしたことしてないんですよね。

せいぜいやったのは7月か8月まで。

 

何なら、流れは去年と一緒。

 

結局後期は、選挙の支援活動で何もやらずに終わるわけです。

 

そもそも、大学校の一年の周期はいつからいつまでですかね?

 

私の記憶では1月から12月です。

 

となると、あと1ヶ月。

 

これでもう晴れて卒業できるはずですが、

9月以降の活動がないところを見ると、わやくそはもしかしたら卒業できず一生大学校やってろ!って話になってしまうのでしょうか。

 

今は若干、その不安があります。

 

まぁわやくそにとってネタにすぎないので、それはそれで3年連続大学校生やりましたわwwって後日談に繋げても面白いのかなって思うのですが、終わりの見えない「たたかい(大爆笑)」に付き合わされるのそろそろやめたいです。

 

来年は卒業生として上から目線で指導に徹したいと思います!(あ、もちろん、こんなのとっととやめてもっと好きなことやろうと言うつもりです)

ワンカップの幸せ

今日から月曜日。

なんかね、最近会社に行っても全くやる気が起きないんです。

 

自分の持ち回りの仕事も忙しいのですが、後輩社員の放置は可哀想なので面倒を見る→自分の仕事が疎かになる、この悪魔ループという具合に陥ってます。

 

そんな冷えた心を癒すのが18時をすぎたワンカップ

 

人は何故、寒くなるとワンカップを求めるのだろうか…

 

ワンカップを飲むだけでなんだか温まるし、幸せになるんですよね。

 

(そもそもわやくその定時はとっくにすぎてるわ!!)

 

そしてふと思い返すのです。

 

オフィスを出てエレベーターに乗り、

エントランスに着くと待つ彼女。

 

今日は遅かったね。昨日仕込んでおいたおでん食べよう。

わやくその好きなお出汁が良く染みてるよ。

 

なんつってね、家に帰るわけです。

 

家に着くと、とりあえずこたつとヒーターをつけて、おでんを温める。

 

その間に着替えをしてと。

 

暖めたおでんをこたつの上に載せて、小皿にからしを載せてハフハフしながら食べるんです。

 

お気に入りは紅しょうが天と味の染みた大根。

 

そうだ、ビールにする?それとも日本酒にする?

 

そこでつい選んでしまうのが日本酒。

というか、ワンカップ

 

進む進む、酒がすすむ。

おでんもすすむ。

 

満腹になったわやくそは横たわる。

 

あー酔っちゃった、、

 

以下略。

 

そんな日々を振り返り、今日も寒空の下、

ワンカップを啜った。

 

限界突破とは何か

限界突破の衆院選が終わってほっとひと息といったところでしょうが、選挙というのは衆院選参院選といった国単位の大きいものだけではありません。

 

地方選挙だって重要視されてる「場合」もありますよね。

 

例えば衆院選の直前に行われた「都議選」。

 

緊急事態宣言中だというのに多くの学会員がF活のために都内に進出しては、F活ラリーの大盤振る舞い。

 

わやくそにも誘いが掛かりましたが当然お断り。

 

そんなわざわざ感染広げに行ってどうするんですかって話なんですよね。

そのとき都内では2000人から3000人の患者が毎日感染してる中ですから、正直言ってその中で強行するのは狂気的です。

 

一方、本当の都議以外の地方首長選挙の場合は、KM党印の旗をパタパタと挙げつつもあくまでも支援は任意だそうです。

 

これを聞いて、まず「は?」となったわけです。

 

おいおい、散々衆院選や都議選で限界突破だなんだと言って、地方は興味なしでそれっきりかよってなるわけです。

 

わやくそは今住んでる街には愛着を持っています。

 

上辺だけの組織が散々FがなんだのZがなんだのやってたくせに自分の住む街には無関心。

 

正直呆れてます。

やるならとことんやれよと。

自分の党の候補でなくても、KM印掲げながらFは任意って恥ずかしくないのか?

 

なので、わやくそは「やりたくない」ですが、ボトムアップで煽ってやろうと思います。

現実に戻る

おはようございます。

 

昨日の午前中に旅行から帰ってきまして、今日から普段通りの生活です。

 

といっても3日行けばまた次の土日がきますから、溜まってる仕事はたんまりあっても心持ちは少し楽です。

 

どこに行ってたかとか、そう言った話はここでするつもりはないのですが、せっかく色々旅した中で思ったことやら感じたこととかもあったので、そう言った内容はアウトプットしていけたらいいなと思います。

 

また今日からリフレッシュ版わやくそをよろしくお願いします。